人気ブログランキング |

toriko

悲別ロマン座














e0180796_14350342.jpg


















悲しい別れと書いて





かなしべつ





かつて





「昨日 悲別で」という





テレビドラマが ありました




























ドラマで登場した小さな劇場が




現存してます




一時はその影響から




観光客も多く




有名アーチストによる




コンサートなども




開催されてました




ただその後は




ブームが去って




次第に客足も減り




市の財政難もあって




風前のともしびと




なっているようです


















そのドラマのエンディング曲は




伊勢正三さんが歌う




「22歳の別れ」でした








あなたは





あなたのままで





変わらずにいてください





そのままで


















そんな願いです






















e0180796_16213464.jpg
























何度見に来ても




この建物には




郷愁を




誘われるのです



















































歌志内市 上歌(かみうた) 


























169.png ノスタルジア


竹内 まりや






























































































































・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by doronko-tonchan | 2019-07-11 05:30 | cafe | Comments(22)
Commented by slow33jp at 2019-07-11 08:00
悲別ってなんとも言えない読みと漢字ですね!
カタカナ語が増えてるけど漢字っていいですよね。
「ゲートウエイ高輪」駅が大分出来上がって来ましたけど…
Commented by doronko-tonchan at 2019-07-11 08:20
slow33jp さん。

ドラマの中だけの実際には存在しない架空の地名なんです。
「ゲートウエイ高輪」?   検索してみます。^^
Commented by humanspider2006 at 2019-07-11 11:03
倉本聰や山田洋次といった頭の良い東大文学部出身の脚本家達が北海道や地方のブームの火付け役だった時代もとうに去って、ノスタルジーを求める熟年層も少しずつ姿を消し、新しい人たちの形作るこれからの地方のイメージを牽引する映画や小説がまた現れることでしょう。
そういう時に、昔を知らない人たちにとってこういう遺物は往々にして異物になってしまう。
仕方のないことだけど、片付けられる前に、きちんと時代を整理して現代という歴史に刻んでおくことが必要かと思ったりします。
これはこの世から消え去っていく自分に対しても当てはまります。
整理する過程では、どんな悲しみもきちんと整頓された情報の一画に静かに底置され、穏やかな眠りにつけます。
僕は何を言ってるんだろう?

h
Commented by goemon-mon at 2019-07-11 13:40
なつかしいー
Commented by zakkkan at 2019-07-11 14:56
素敵な詞を、地名にですか
悲しい別れでないなんて、あり得ませんよね
その別れ方を、このように表現すると
ロマンチックに感じてしまうのは、私だけ?
不具合な感想をお許しください

ただ、風景と、そして、この建物から想像すると
わたしには、ロマンに感じてしまうのです・・m(__)m
Commented by doronko-tonchan at 2019-07-11 17:10
humanspider2006 さん。

死生観の一端とでも受け止めたいと思います。笑
栄枯盛衰。
諸行無常。
ただ消えて無くなるというのは寂しいですね。
Commented by doronko-tonchan at 2019-07-11 17:11
goemon-mon さん。

その年代のお方でしょうか。^^
Commented by doronko-tonchan at 2019-07-11 17:16
zakkkan さん。

感想はご自由です。^^
ロマン座というからにはロマンやロマンスでよろしいものと思われます。^^
Commented by treebookcoffee at 2019-07-13 06:31
はじめまして。
いつもイイねをありがとうございます。

このドラマ見ていました。
懐かしいです。
石田えりさんと、雨宮良さん。
良かったなぁ。
ここでこの建物が見れて嬉しいです。
Commented by doronko-tonchan at 2019-07-13 07:15
treebookcoffeeさん。

ようこそ。^^
出演者の方が若いですがほぼ同世代で、出身地が私と同じ炭鉱の町という設定もあって
観てました。
ドラマ終了後に雨宮良さんを旭川のイベントで見ました。^^
ここで彼と石田えりさんが踊るシーンは印象的でしたね。
Commented by chiwari-yuki-y3 at 2019-07-13 10:11
そのドラマは見たことないのですが、タイトルは知ってます。
そして、悲別という地名が、ほんとに北海道にあると、ずーーーっと思っていたんです^^;
架空の地名だと知ったのは、実は、ほんの少し前…
だって…北海道にありそうな名前ですよね^m^
ドラマに登場した劇場…とっておけば、またなにかのブームが来るかも、
ブーム来なくても、細々あるだけでもいいのになぁ…
Commented by doronko-tonchan at 2019-07-13 10:45
chiwari-yuki-y3 さん。

理解できますよ。
実際に中標津(なかしべつ)という町があります。

脚光を浴びるのは簡単です。馬鹿げた妄想ですが・・・
「嵐」などの有名アイドルがここで写真を撮るだけで、凄いことになりそうです。笑


Commented by j-garden-hirasato at 2019-07-14 10:04
公共施設ですか。
それは、厳しいでしょうね。
Commented by doronko-tonchan at 2019-07-14 15:07
j-garden-hirasato さん。

市ではなく保存会により管理運営されてるそうです。
確かに市の援助は経済的に困難のようです。
Commented by nekonoheyah at 2019-07-15 19:57
こんばんは。
初めて「22才の別れ」を聴いたときには
なんて残酷な歌だろう。。。と、思いました。
多感なりし おつめのころ。(笑)

今でも同じ感想を持ってしまいます。
成長してない、ってコトでしょうねぇ。(笑)
Commented by doronko-tonchan at 2019-07-15 20:58
nekonoheyahさん。

いつまでもお若いということです。けっこうなことですよ。笑
よく別れは人を成長させると言いますが成長しない私はどうしようもないですね。笑:

Commented by rollingwest at 2019-07-18 22:38
悲別、よく覚えています。歌志内にありましたか!芦別・夕張・美唄などこのエリアは昔の栄光面影が寂れて悲しいものがありますね。北海道は比較的天気がよさそうで羨ましいです。本州は6月下旬から3週間も太陽がお目見えしない肌寒い季節が続いていますね。ウナギの土用丑の日も近いのにとても7月中旬が過ぎたとは思えません。去年の今頃は超猛暑で熱中症の危険に喘いでいたのに・・・。天候不順な年となり今年の梅雨はあまりにも長すぎます。!早くお日様が見えることを祈願して洋楽記事は「太陽名曲特集」をお送りしております。
Commented by doronko-tonchan at 2019-07-19 05:21
rollingwest さん。

炭鉱のある町は、どこも歴史も似ていて同じ空気感が漂います。
テレビドラマと言うべきか倉本聡さんと言うべきか、そのお蔭で脚光を浴びたのは事実です。
私の故郷夕張に於いては山田洋二監督の映画「幸福の黄色いハンカチ」でしょうね。
その存在(影響)はとても大きいものです。

気象も自然現象です。どうしようもありませんね。
ただ一変して猛暑、酷暑が訪れるかも知れません。
どうぞ体調などご留意ください。
Commented by SingleSonGran at 2019-07-23 08:21
「昨日 悲別で」見ていました。
好きなドラマでした。
…天宮良さん!
22才の別れ…懐かしいです。
Commented by brighten-s at 2019-07-23 09:36
はじめまして。
ここ、15年くらい前に行きました。
ドラマも見ていました。懐かしいです。
ピアノが置いてあって、ポロンと弾いたような。
心に残るような北海道の写真がいつも素敵です。
Commented by doronko-tonchan at 2019-07-23 17:11
SingleSonGran さん。

倉本聡さんの脚本ですし、北の国からと同様に北海道を舞台にしたものは観てしまいます。^^
35年前です。笑
Commented by doronko-tonchan at 2019-07-23 17:14
brighten-sさん。

現在も軽食喫茶が営業されてるようです。

ありがとうございます。^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード