toriko

All Is Gone











e0180796_5292268.jpg

















e0180796_5315098.jpg
















e0180796_5321460.jpg
















e0180796_533593.jpg


















惨劇!!




熊が人を襲う




人を喰う




獣にとっては人もただのエサに過ぎないのだ















かつて北海道で本当にあった最大の獣害事件・・・再現ドラマですがこれを見たらその全てがわかります。








お時間のある方はどうぞご覧になってください。   こちらからどうぞ
















e0180796_5342268.jpg



















残念でしょうが、無事に帰宅しました。(笑)



ご覧の通り熊の棲む場所へ行って来ました。



ただ予定をしていた熊の棲む森でのキャンプは豪雨のため中止しました。



川が濁流で釣りにならず、断念いたしました。







ここは山奥へ分け入った薄気味悪い陰鬱な場所にあります。



今現在でも、熊が出没してます。



毎年、目撃例が後を絶ちません。



長居は無用です。 正しくは危険でしょうか・・・ とっととその場を退散しました。^^:

                  





遠い昔の出来事ではありますが、今でも毎年のように獣害事件は起きてます。



ヒグマは危険であるという認識は絶対に持たなくてはなりません。



身を守るにはどうしたらいいのか?  そういう場所へは近づかないことです。
















e0180796_71160.jpg















今回はこのような怖い記事ですいません。


これも北海道開拓時に起きた史実のひとつなのです。





























060.gifAll IS Gone


ブルー・バザール


こちらからどうぞ























・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by doronko-tonchan | 2014-08-08 07:21 | 動物 | Comments(50)
Commented by juju3291 at 2014-08-08 08:26
いいね 押したけれど・・・

すご~~~い  ★元気ばば★
Commented by ka-ma-s at 2014-08-08 08:54
4枚目の写真はいつみてもウソだーーって思っちゃう位
羆がデカいんですけど。。。
山歩きしても熊には遭遇したことはないですねぇ
叫び声は聞いたことありますけど(笑
遭遇した時に思うことは クマったもんだ!ですかね。
Commented by ayayay0003 at 2014-08-08 09:06
おはようございます^^
お帰りなさい~(^^♪
ちょっと?心配してました^^;
豪雨で残念でしたね。何が・・・(笑)いやいや釣りができなくてです。
こちらも北海道の雨の前にはかなり降りました^^;
次の台風も心配です!
曲は残念な気持ちが解る曲ですね、物悲しく聴こえます(;_:)
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-08 17:41
★元気ばば★さん。

すご~~~い話。すご~~~い場所です。
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-08 17:46
ka-ma-sさん。

私は遭遇しました。
確かにこのオブジェの大きさは正しいのでしょうかね。怪獣です。
どうであれ怖いですね。クマったもんだ!です。^^:
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-08 17:56
アリスさん。

チョットでも心配をしていただいて嬉しいです。^^
お蔭様で無事でした。
豪雨のため釣りができなかったことが心のこりです。
また今度、日帰りで行って来ます。
All is gone ・・・全ては終わったという意味ですが、ヒグマによる獣害事件は後を断たないのが現状です。北海道にはそういう場所があるということです。
Commented by timata-sn at 2014-08-08 20:12
tonchan こんばんは
今日はお昼前には雨に成り、かなり降りましたよ。

VTR見せて戴きました、凄い迫力ですね!!
その時の皆さんの動きやお気持大変なものだったでしょうね。
私にはとても耐えられませんよ。
人もヒグマの餌だなんて・・・・・

tonchan 魚釣りが出来なかった様で残念でしたね。
でもご無事で良かったですよ。
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-08 21:03
timata-snさん。

私はこの番組を観ました。
戦慄が走るほど怖かったです。
私は釣りでヒグマと遭遇した過去を持ってます。
怖いですよ。
それでも釣りをするというのは馬鹿げてますよね。
やっぱりバカなんです。^^: 



Commented by hokkaido-tairiku at 2014-08-08 22:24
こんばんは♪
ここはまだ行ったことがありませんが有名な場所ですね。
実際にあった事件だけに展示も迫力が違ったでしょうね。
キャンプと釣りの断念、残念でしたが
無事戻られてなによりです^^
Commented by cynchia at 2014-08-08 22:33
こんばんは、怖い話ですね。
私もTVで見て、恐怖でした。
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-09 05:08
大陸さん。

事件のヒグマよりも苫前の郷土資料館にあるヒグマの剥製の方が大きいとの事です。
なので現場のオブジェはデカ過ぎとも思えます。
ただ一人で現場へ行くのは怖いですよ。
車から降りられません。(笑)
ここから旭川~美瑛~富良野~南富良野~占冠の予定でしたが、富良野で土砂降りとなりました。
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-09 05:12
cynchiaさん。

まさにアンビリーバボーですね。
何か武器が無いと無力です。
でもこれほどデカいと銃でしか倒せないでしょうね。
Commented by rollingwest at 2014-08-09 08:59
苫前村三毛別(現:三渓)で起きた日本史上最大事件を描いた小説「羆嵐」は2年前に読みそのリアルな残酷さに身震いしたものです。開拓史時代に未開地・北海道を生き抜く辛さも想像できません。ここにはいつか行ってみたいです。
(PS)初期エルトンジョン「マッドマン」からの名曲を公開いたしました。
Commented by miemamu at 2014-08-09 09:51 x
無事で何よりです。
美瑛でお会いできて楽しかったです。

雨の旅は残念でしたが、素敵な方と出会えたようですね^^
また、美瑛でお会いしましょう!
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-09 09:52
rollingwestさん。

吉村昭氏の「羆嵐」を読んだのですね。
残酷でおぞましい事件史です。
読んだ方は解ってるでしょうが、羆嵐とは昔からの言い伝えで羆を倒した後には必ず嵐が来るといわれそれを羆嵐と呼ぶのだそうですが、この羆を倒した後も3日間嵐になったそうですね。

ぜひ郷土資料館の館長にもお逢いしてみてください。^^
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-09 10:49
miemamu さん。

こちらも楽しませて頂きました。
おみやげまで頂いて恐縮です。^^:

今年もまた美瑛の風景に癒された旅でした。
その後の旅先で豪雨に見舞われましたが無事でした。
Commented by ronchico at 2014-08-09 11:41
この事件って、北海道出身じゃ無い人に
教わりました。
怖いですよね。
でも、今朝、札幌南方面で車を走らせていると、
子鹿が前を横切りました。
確かに鹿だったと思います。
Commented by small-talk at 2014-08-09 11:57
知床の山などでは、野営場にフードボックスがあります。
ロックの付いた郵便箱に脚をつけたようなものです。
テントに食料を置いておくと危険なのです。
ヒグマは時として凶暴となりますが、大半は「人間そのもの」ではなく、人間の持っている食料が原因のようです。
安易な餌付けは、慎むべきですね。
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-09 12:58
ronchicoさん。

南区での鹿との遭遇は当然考えられますね。
なんたって中央区で熊が出没してますから。
写真に撮れるとよかったですね。
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-09 13:09
small-talkさん。

わりと新しい事件ですが福岡大ワンダーフォーゲル部・ヒグマ襲撃事件というのがありました。
これも北海道での事件ですが、これはその食料が原因になったものです。
羆が一度手にしたものは執拗に取り返すという性質を如実に物語る事件でした。
これも悲惨な事件でした。
どこで遭遇するか解りません。羆に対する知識は必要ですね。
Commented by aaic5475 at 2014-08-09 13:55
すっかり見いってしまいました!
恐〜。。最近は山から里よ町に降りてくる熊もいるらしいですね。ご近所の、まるで「こぐま」のような、
わんこのモンちゃん見てるだけで、十分です。。。  でん母
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-09 14:49
 でん母さん。

時代と言ったらそれまでですが、現在も羆は出没してるのです。
近所に仔熊のような犬がいるのですね。
仔犬のような熊とどっちが可愛いくて安全でしょうかね。^^

Commented by mikeblog at 2014-08-09 23:32
ご無事で帰られて何よりでした。雨で釣りが出来なかったのも幸いだったかも。もしかしたら羆と格闘していたかもしれませんよ。釣れた魚に羆が飛びついて釣れてしまった、とか?
本州にいるのはツキノワグマですが羆に比べたら・・・でも熊は熊です。怖いですねぇ。
三毛別羆事件というのは以前に読み方が判らなくて検索したので知りました。怖い怖い。
Commented by jbl4312t at 2014-08-10 00:40
こんばんは。
ヒグマはツキノワに比べると倍くらい大きくて驚いていまいます。
もともと熊の領土なのですからそっとしてあげるのが一番なのでしょうね。
私は幸い今まで一度も山で熊にあったことはありませんが、
山に入らせていただくという気持が大切だと思っています。
                            sirabiso
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-10 05:22
ミケさん。

私は過去に羆と遭遇してます。
男じゃなくなるほど縮みあがっちゃいました。(笑)
それ以来かなり臆病になってます。
絶対安全だという保障はどこにもありませんが、川を選んでます。
それまでのような山奥へ分け入った渓流へは行かなくなりました。
ホントに怖いですから・・・^^:
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-10 05:30
 sirabisoさん。

どうやらツキノワグマの方が獰猛のようですね。
知床における共存をみると必ずしや人を襲うという訳ではないようです。
しかしながら獣である以上絶対に安全だという保障はありません。

そうですね。そもそも羆の棲む場所に人が立ち入ってるのです。驕ってはいけませんね。

Commented by ゆみん at 2014-08-10 12:04 x
tonchan御無事で何よりでした。
釣りはまたいつでもいけますね。
ビビりました、羆の話。ヒグマは人も食べるんですね。
実際にあったお話とは!
あんな怖いなんて、幽霊に遭遇して怖い思いをすることの何百倍も怖いですね。あ、いえ、比べ物になりません。

tonchanはヒグマと遭遇したこともあるんですね。
いつかその時のお話も是非聞かせてくださいね。

Commented by doronko-tonchan at 2014-08-10 15:04
ゆみん さん。

無事でした。^^

ドラマの作り方に問題があるのか、羆に対する危機感が薄いように思われますね。
実際に羆に対して知識が乏しかったのかは不明ですが最初に一軒襲われた時点で恐怖のあまり
パニックになったはずです。撃ち殺すまでみんなで固まって過ごすとか・・・

私は釣りで出遭ったのです。車に乗っていて出遭ったので助かりました。
道南にて渓流沿いの林道をカーブを曲がったところでバッタリご対面。その距離15m程。
体長は1,5m位ですかね。それほど大きくはなかったです。
でもこれがもしもウエーダーを穿いて歩いてる時に出遭ったとしたら・・・^^:
この時の状況などを話せば長くなるので省略しますが、結果羆が高い急斜面の崖を3回ジャンプで登って行ったのですがその強靭な脚の筋肉を目の当たりにしました。勝てないと思いました。^^:
あとは質問があればお答えします。

Commented by 早一 at 2014-08-10 22:15 x
こんにちは。
私も吉村昭さんの「羆」「熊嵐」「熊撃ち」の本を読みました。ちなみに、吉村さんは師と仰ぐ作家です。
これらの本を読んで、熊の恐ろしさを知りました。
しかし、遠い地のことで日常の生活とかけ離れた話としてすませていました。
ところがdoronko-tonchanさんがそういう場所に足を踏み入れておられると知って驚いています。
また、郷土資料館の高齢の館長さんにも危険なところにおられるのにもかかわらずユーモアを持っておられ、どこか覚悟があっての腹のすわった生活に、都会に住む私など頭が下がる思いです。
でもくれぐれ熊には気をつけてくださいね。遭遇しないことを祈っております。
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-11 05:41
早一さん。

先ずは誤解を解くことから・・・
郷土資料館は事件現場とはかけ離れた羆の出没は考えられない町の中にあります。
なので安全です。(笑)

余談ですが館内では三国連太郎さん主演で映画化された「熊嵐」を上映してます。大坂志郎さんが村長役でした。ただその館長の兄弟も父親(村長の息子、孫)もマタギということで、館内にある剥製はその山奥で討ちとめたものだそうです。私は羆に遭遇してからというもの、すっかり臆病になりこれでも行動範囲が狭くなりました。(笑) 山菜採りや釣りを楽しむ以外当然荒らすなんてことはありませんが、自然保護のためにはいいことだと思います。
山へ分け入る者は誰もが一度遭遇すべしと思ってます。(笑) お気遣い ありがとうございます。
Commented by yuta at 2014-08-11 06:19 x
おはようございます
天候が悪く、熊が出没するところへキャンプ
いや探検といった方いいでしょう
何よりご無事で良かったです
「今頃熊の胃袋の中で泳いでいるのでは」
とよからぬ事を考えてしまいましたが
それもあたらずよかったです
あたしの予想はそもそもあたった試しがないんです(爆)
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-11 07:12
yuta さん。

人間を丸呑みするほどの羆って怪獣ですよ。@@:
ましてや胃の中で泳ぐなんてどれほどの巨体か・・・
ピノキオじゃありませんよ。あれはクジラでしたが・・・(笑)
しかし、そんな予想をされてたのですか!!!???
もしも初めてあたったら・・・もう予想は止そう!です。^^:
Commented by rin--12 at 2014-08-11 18:13
とんちゃん、おかえりなさい。
こちらの夏は雨が多くておまけに台風が
大きくてとうとうお盆を迎えたという感じです。
家に居て突然熊に襲われたら、と思うだけで
怖いです。
旅先で熊に遭遇しなくて良かったですね^^
「コッコ」って方言、かわいいですね。
文章から想像しています^^
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-12 05:22
りんさん。

無事に帰りました。^^
四国は台風の通り道で被害が出てましたね。
羆も怖いでしょうがそれ以上に・・・ご無事で何よりでした。

開拓農家の家の造りは今とは大違いですから。
ただ外での遭遇なら今も昔も同じだと思います。
コッコ(子供・未だ幼い子)ってもしや方言!?^^:

りんさんのコメントが丸い形をしてるのです。
盆提灯のような、時期にぴったり・・・偶然ですよね。(笑)
Commented by papabubure at 2014-08-12 23:38
ご無事で何よりです。

室蘭祝津に熊の檻が陳列されてましたよね。
やはり惨劇の証拠品だったような・・
私は熊程恐ろしい生き物は無いとおもっています。

ただ、先日知床の熊達の生態を観察している方との
見解は場所によっては違うのかな?
知床では絶滅危惧の見解から、熊達を保護していますよね。

動物にも生きる権利があります。自然を分け入る人間達の
行動は動物を侵しているのだと言われてもなんだか
理解するのは難しいです。
Commented by おさかな at 2014-08-12 23:46 x
こんばんは
いやぁ 観ました〜
怖いですね〜 恐ろしいですね〜
一度本物を見た事はありますが その堂々とした姿に
ちびりそうになりました(>_<) 
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-13 05:31
papabubureさん。

室蘭祝津のそれは知りませんね。
知床は世界自然遺産に登録されため羆もその中に含まれてるからでしょうね。
鹿もキツネももう特別扱いなのです。
もしかすると人間以上かも知れません。(笑)

ただ人間も自然の一部と考えた時に、それらと対峙した場合、どうするか・・・守らなきゃならないということだけにはならないとも思います。いざという時は人間だって命を守らなければなりません。
しかしここではそれを否定される恐ろしい特異なエリアなのです。
立ち入らないほうが懸命ですね。^^:

Commented by doronko-tonchan at 2014-08-13 05:35
おさかなさん。

まるでドラマのようですが現実なのです。^^
ちびってもかまいませんが、ちびらなくてよかったですね。(笑)
Commented by yume_jin at 2014-08-14 12:32
とんちゃん、こんにちは。

三毛別羆事件、ずいぶん前ですがTVで観たことありますよ。
あの熊の怖さは忘れません!
とんちゃん、熊に合わないで良かったです。
熊は死んだふりも駄目なんですよね ・・・
近寄らないことが一番ですね。

ゆっくりお休みを満喫できましたか~ ^^
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-14 13:20
夢ちゃん。

死んだふりも知らんぷりもダメです。^^:
無視はもっとも危険ですって意味不明ですね。(笑)
そう、出るような場所へは近寄らないことですが、札幌でも出るので、特定できないですね。
どこでもドアならぬどこでもベアーです。(笑)

お盆ですね。満喫とはいきませんが墓参りも終えのんびりしてます。^^

Commented by bulan at 2014-08-21 15:53 x
tonchanさん☆

こんにちは~
エキブロのおすすめブログ♪掲載おめでとうございます!

あれっ!見たことある熊ちゃんだな~と思って、クリックしてみたら、何とtonchanさんの記事でしたね~^^

また、フアンが増えますね(^_-)-☆
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-21 17:44
bulanchan。

bulanchanのコメントで知りました。
驚きました。
こんなヒグマの記事がおすすめだなんて、エキサイトだけに編集部の方を
興奮させてしまったのでしょうか。^^
掲載していただいたのにこんなことを言ってはいけませんね。
編集部の方へこの場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございます。
bulanchanもありがとう!
私はただこうしてコメントをしていただける方がいるだけで嬉しいのです。
これからもよろしくお願いしますね。^^
Commented by riemusik2 at 2014-08-21 21:59
こんにちは。

一言。
こわーいっつ!!
ヒグマって思っていたより大きくてびっくりもしてます。
こんなのがひょっと目の前に現れたら動けなくなりますよね。
恐い…。
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-22 06:13
riemusik2 さん。

ようこそ。

私は出遭ったことがありますが、プーさんやテディベアなどというものとは違います。
大工の熊さんとも違います。(笑)
なぜあのような子供受けする優しい虚像に仕立て上げたのでしょうね。
怖いです。^^:
Commented by 瑚兎利 at 2014-08-22 09:51 x
初めまして、
北海道に住むブロ友さんがここに行った記事を書いていたので、何となく知っています。
ヒグマは、生きたまま喰われるの怖いですね。
しかし、ブロ友さんは、ヒグマに襲われる以前に、この家ではまず凍死するんじゃないか、とつっこみを入れていました・・・^^;
Commented by doronko-tonchan at 2014-08-22 17:31
瑚兎利さん。

ようこそ。
読みが難しいですが、ことりさんでよろしいのでしょうか?
北海道に於ける獣害の歴史ですが、この時代の生活状況(衣・食・住)では、ヒグマに襲われなくても寒さや飢えで、命が持たない恐れがあったでしょうね。それは私も感じました。^^
いずれにしてもヒグマの方が人間より、逞しく生命力があるということでしょうね。
Commented at 2014-09-01 22:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by doronko-tonchan at 2014-09-02 05:51
カギコメさん。

ありがとうございます。
大変恐縮です。
問題などはありません。
ただ多くの方に見ていただきたい、知っていただきたいのは山々なのですが、
いったいどのようにすれば・・・ と考えあぐねいてしまいます。
お心遣い、大変嬉しく思います。

こちらこそ今後共どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by at 2014-09-13 06:58 x
熊!!!!
Commented by doronko-tonchan at 2014-09-13 07:05
熊さん。

熊!!??^^:
名前
URL
画像認証
削除用パスワード